日本は,アメリカや中国のことを笑えるの?

 ドンキホーテの社長が,TOB公開前の自社株を知人に勧めたとして,逮捕されたそうです。
 本人は否定しているとのことですが,あえて(秘書ではなく)本人を逮捕して,これから検察が調べるのでしょう。ライブドアの初代社長のような目に遭わないことを,期待しますよ。

 日本国政府の首相は,桜を見る会の前夜祭で知人に利益供与しましたが,いつ逮捕されるのでしょうかね?
 本人は否定しているとのことですが,普通に(秘書ではなく)本人を逮捕して,検察が調べるべきですよね。ドリル姫のような待遇を受けないことを,期待しますよ。

11/23までの大会…2020年

 サッカーのチャンピオンズリーグといえば,よく報道されるのはヨーロッパやアジアの『各国の上位チームが集う大会』ですが,日本でも『各地域の上位チームが集う大会』が開催されていました。

 この大会は,下記のようなレギュレーションです。
・12チームを3ブロックに分け,4チームずつ1次ラウンド(総当たり戦)を実施する。
・各ブロックの1位チームと,2位の中の最上位チームの,計4チームで決勝ラウンド(総当たり戦)を実施する。



 その『2位の中の最上位チーム』の決め方は,単純に獲得勝点→得失点差→総得点です。本来であれば『決勝ラウンドの1位チーム』が1次ラウンドで所属していたブロックの,2位チームを選ぶべきなのですが…未来予知など不可能なので,1次ラウンド終了時点で選ばなくてはいけません。
 その結果,それが達成できたのは2017年くらいで,それ以降は結果として選択ミスが発生してしまっています。
 ↓
・2018年は,『決勝ラウンドの2位チーム』が1次ラウンドで所属していたブロックの,2位チームが進出しました。
・2019年は,『決勝ラウンドの3位(1位通過チームの中では2位)チーム』が1次ラウンドで所属していたブロックの,2位チームが進出しました。
・2020年は,『決勝ラウンドの3位チーム』が1次ラウンドで所属していたブロックの,2位チームが進出しました。

 その『2位の中の最上位チーム』の決め方を,『各ブロックの1位や2位を決めるのは,全ての対戦を参考にする。ブロック2位同士を比較するのは,各ブロック最下位との対戦は参考にしない。』という感じにしてほしいものです。
 そうすれば,2017年の結果を崩すことなく,それ以降は2回も改善できていたのです。
 ↓
・2018年は,『決勝ラウンドの2位チーム』が1次ラウンドで所属していたブロックの,2位チームが進出することになります。
・2019年は,『決勝ラウンドの1位チーム』が1次ラウンドで所属していたブロックの,2位チームが進出することになります。
・2020年も,『決勝ラウンドの1位チーム』が1次ラウンドで所属していたブロックの,2位チームが進出することになります。

もう師走ですね

《前回の記事について①》
 ロックマンに,Dentifrice manというボスが居たら,ステージの道中が面白くなりそうですね。

《前回の記事について②》
 …え?「一般的な流行語は,鬼滅の刃だろ。」ですって?
 なるほど。たしかに一般的には大ヒットしていますね。



《今回の記事の本題》

 さて今年は,春から初夏にかけて,おうち時間が増えました。その時期は,運動不足を解消するためにアンジュルムのストレッチを参考にしていました。
 足の高さがアイドルと同様には実施できず,それで熱意が落ちてしまい,10日に1回程度しか実施していませんでした。

 最近に,また外出を自粛するべき状況になっています。そんな折,新たにテレ朝が筋トレを紹介しているので,それを参考にしています。
 インストラクターのようには実施できず,アナウンサーのようなやり方になってしまいますが「それでも良いんだ」と思えるので,今のところは10日に6回は実施できていますよ。

あと少しで年末ですね

 浦島太郎の二次創作といえば,有名なのはバカリズムのコントなのでしょうが,マイナーなものとしてモーニング娘。'17がライブの合間に披露していたようですね。
 歯磨きの啓発ソングとしては,有名なのはEテレのアニメのエンディングテーマなのでしょうが,最近ではアンジュルムとOra2のタイアップソングがあるそうですね。

 ちなみに…今年の流行語は,世間一般では何になるのか分かりませんが,私の中では土筆の水です。

判決が出た後なら,被告人を批判しても良いはず

 めまいまたは薬に因る意識障害で事故を起こした被告人は,地裁で無罪判決を受けましたが,高裁で有罪判決を受けました。これは,地裁での無罪判決の理由が「被告人の責任ではない可能性が1%ある」だったのが,高裁にて被告人が「全て自分の責任」と主張したことに因ります。
 その一方…

 てんかんに因る意識障害で事故を起こした被告人が,地裁で無罪判決を受けたそうです。それは,理由が「被告人の責任ではない可能性が1%ある」とのことです。
 これについて,私見では有罪にするべきと思います。てんかんの人が運転すれば,その時点で無意識状態になる危険性を認識しているはずであり,本人も裁判長も「全て運転者の責任」と認定するべきです。
 こう書くと「てんかんを理由に,事故が発生したら有罪になるというのは,おかしい。」と思われるでしょうが…しかし,周りの交通の安全確保が優先されるべきです。『正しく通行していた人に車が突っ込んだけど,てんかんのせいで車の運転手は無意識状態だったから,誰も悪くない。』という考え方に,納得できますか?

更生とは?

 地裁で無罪判決を受けた被告人が高裁で有罪判決を求めた件では,望みどおり有罪判決(実刑)になったそうです。これは,地裁での無罪判決の理由が「被告人の責任ではない可能性が1%ある」だったのが,高裁にて被告人が「全て自分の責任」と主張したことに因ります。
 その一方…

 地裁で懲役刑(執行猶予)の判決を受けた被告人が,高裁では罰金刑の判決になったそうです。それは,地裁にて裁判官から「更生してください」と言われたのが,高裁にて被告人が「懲役刑だと失職する(板橋区の職員でなくなる)ので更生できない」と主張したことに因ります。
 更生というのは…今までの自分に悪いところがあったことを認め,ゼロから再スタートすることですよね。なのに,なぜ被告人は更生を理由として自分の地位や生活を守りたいと主張し,それをなぜ裁判長は認めたのでしょうかね?

客は『ゲスト』ではなく『カスタマー』でしたっけ?

 某アイドルレッドホットチキンをお勧めしているので,15分くらい歩いてケンタッキーの店舗に行きました。

《店舗内》
 小さい店舗なので,注文を捌ききることができず,客が溜まる一方でした。
 調理済みチキンの在庫は,充分に有るのですが…それを取り出せる場所が限られているので,提供が注文に追いついていませんでした。店員の数は多かったのですが,かえって逆効果でしたね。

《購入品》
 レッドホットチキンとオリジナルチキンの『食べ比べパック』というのを,買ったのですが…ポテト以外の品が,このような感じでした。

2020.11.22_食べ比べパック.JPG
 レッドホットチキンは,通常の厚さ,大きさなのですが…オリジナルチキンが,一つが薄く,もう一つが小さいですよね。これが,「部位の指定はご容赦ください」という意味なのでしょうか?