本来のユーチューブらしい動画ではある

 元ポケットビスケッツの千秋と,元モーニング娘。の加護が,似たようなタイミングで似たような事を始めました。

 これは,ユーチューバーらしい動画とは言えませんが…しかし,ユーチューバーらしくない動画とも言えませんね。
 ユーチューバーらしくない動画というのは,加護の先輩のような事を言うんですよね。

スマフォからの嫌がらせ…②

 先日に,スマフォから「あと200MBで,低速モードにするぞ。」と言われました。
 その100分後に,スマフォから「もう,低速モードにしたぞ。」と言われました。その100分間は,閉じてただけなんですけどね。

 使用開始から残り200MBになるまでは,26,000分くらいだったんですけど。…計算が,合わないですよね。

スマフォからの嫌がらせ

 跳べない鶏の『中の人』は,先日にスマフォユーザーになったのですが…そのスマフォから「アップデートしろ」と言われたから実行したのですが,その後に「アップデートに失敗したぞ」と報告してきました。
 このような対応は,ノートPCでも見たことがあります。

 どうして,通信に携わる会社は,このような事を平気で実行できるのでしょうね?

3枠だったのだから,2~3枠ではなく2~4枠とするべき…2022以降

 2020年のJリーグは,昇格は昇格として評価できますが,しかし残留については順位によらず評価できません。降格が存在しない以上,どうしようもありません。
 その埋め合わせとして2021年は4チームが降格し,2022年以降は通常時に戻ります。…その『通常時』なのですが,『2018年~2019年の方式』に戻すのはやめませんか?

 その方式案は既にupしているので,本日は提案の根拠を記します。

《2012年》
 J1の16位: 翌年はJ2で2位
 J2の3位: 翌年はJ2で3位
 昇格POの優勝: 翌年はJ1で最下位

《2013年》
 J1の16位: 翌年はJ2で優勝
 J2の3位: 翌年はJ2で9位
 昇格POの優勝: 翌年はJ1で最下位

《2014年》
 J1の16位: 翌年はJ2で優勝
 J2の3位: 翌年はJ2で9位
 昇格POの優勝: 翌年はJ1で最下位

《2015年》
 J1の16位: 翌年はJ2で3位
 J2の3位: 翌年はJ1で最下位
 昇格POの優勝: 翌年はJ1で最下位(同上)

《2016年》
 J1の16位: 翌年はJ2で3位
 J2の3位: 翌年はJ2で8位
 昇格POの優勝: 翌年はJ1で3位

《2017年》
 J1の16位: 翌年はJ2で9位
 J2の3位: 翌年はJ1で15位
 昇格POの優勝: 翌年はJ1で15位(同上)

《2018年》
 J1の16位(参入POの優勝): 翌年はJ1で最下位
 J2の3位: 翌年はJ2で2位
 参入POの2位: 翌年はJ2で13位

《2019年》
 J1の16位(参入POの優勝): 翌年はJ1で最下位
 J2の3位: 翌年はJ2で15位
 参入POの2位: 翌年はJ2で優勝

 …どうです?
 「J1下位がJ2上位より強い」と言えるのは2012年~2015年だけですよね。2016年~2017年は「J1下位よりJ2上位が強い」ですし,2018年~2019年に至っては「J1下位がJ2上位より弱い」ですよね。