アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
まず事実を受け止めてから
ブログ紹介
 基本的には、世の中に対して『おかしいな』と感じた事を書いていく予定です。可能な限り辞書やインターネットなどで確認してから書くつもりですが、それでも『私の方が間違った事を述べてしまう』可能性は捨てきれないので、ここで得た知識を当ブログ外で使用する際には注意してください。何か問題が発生しても、私はその責任を負いません。
 上記のことから、決して『最新の知識』を紹介しているわけではないので、その点については誤解の無いようにお願いします。

 ちなみに私の出身は横浜市です。物心ついた時には兵庫県西宮市に住んでいましたが、兵庫県南部地震が発生する以前に、別の場所に引っ越しています。従いまして、私は阪神・淡路大震災を経験しておりません。
 このブログの初期の記事のタイトルから誤解を受けたという方がいらっしゃいましたら、深くお詫び申し上げます。特に震災体験者の方に対して、失礼いたしました。
zoom RSS

TKGの話

2019/03/18 19:03
 炊きたて直後のご飯(保温どころか蒸らしてもいない状態)を使用して,卵かけご飯を作れば,KTG(釜玉ご飯)になりますね。

 ポテトチップスをおつまみとして酒を飲み,残ったポテチをおかずとして卵かけご飯を食べれば,PTG(ポテト卵ご飯)になりますね。
記事へトラックバック / コメント


業界も行政も,死者が出なければ動かないの?

2019/03/17 11:28
 とある焼肉屋が,2011年に食中毒を起こしました。その原因について「業者から納入した肉の中にO-111が居た」と断定しましたが,その対策を業界や行政に委ねた上で,廃業しています。
 …詳しく書きますと,「肉を仕入れた時点でO-111が居ており,店内で混入したわけではない。しかし,それを爆発的に増殖させたのが業者なのか運送屋なのか店内なのか,分からない。」

 それとは別の焼肉屋が,先月に食中毒を起こしました。その原因について「業者から納入した肉の中にO-157が居た」と断定したため,対策を定めた上で,営業再開しています。
 …繰り返しますが,「肉を仕入れた時点でO-157が居ており,店内で混入したわけではない。それを爆発的に増殖させたのが業者だろうと運送屋だろうと店内だろうと,知ったことではい。」と強気に出ています。

 この差は,いったい何なのでしょうね?
記事へトラックバック / コメント


労働者とは,どこまで?

2019/03/16 13:11
 労働委員会というのは,労働者が団結することを擁護し,労働関係の公正な調整を図ることを目的とした機関です。とはいえ,都道府県や厚生労働省に設置されており,早い話が行政の機関です。
 その労働委員会が,セブンイレブンファミリーマートの『FC店の店長は労働者かどうか』という問題について裁定しました。東京都や岡山県では『労働者である』と判断しましたが,厚生労働省では『労働者ではない』と判断しました。



 これは,下記@Aの,どちらの考え方に基づくのでしょうか?(上記のリンクを読んでも,判りませんでしたよ。)

@
 中間管理職は,管理監督者なので,労働者ではない。
 店長が,中間管理職だろうが役員だろうが,関係ない。

A
 中間管理職は,管理監督者ではなく,労働者である。
 直営店の店長なら,中間管理職であり労働者であるが…FC店の店長は,中間管理職ではなく管理監督者なので,労働者ではない。

 ちなみに,ラーメン屋の例では,直営店とFC店では店長に委ねられている事項が異なるそうです。
記事へトラックバック / コメント


新幹線…2019年2月復路のスタート地点

2019/03/08 20:26
 特攻服を着た人と,タトゥーを入れた人では,どちらの方が怖いですか?私は,後者は怖いですが,前者のことは「ガキだな〜」という印象しか受けません。
 だから,そんなガキが駅前に集まったとしても,年一回くらいは構わないと思います。しかし,それを岡山県警は許さないそうです。

 …『特攻服を着ること』と『違反行為をすること』の区別くらい,つけてほしいものですけどね。「違反行為を実行しそうだから」という理由で取締を実施できるのは共謀罪だけですが,それには該当しないでしょう。
 まして「特攻服を着て集まることでつながりができ,実際に不良グループに入ったケースも確認している。」などという話は,取締の根拠になりえないでしょう。そんな理由で取締を実行できるのであれば,全てのホストクラブが取締の対象になりますよ。
記事へトラックバック / コメント


「罰を受けるべきか」審議される前に,既に罰を受けている

2019/03/07 20:35
 カルロス・ゴーン被告が,保釈されましたが…それまでの勾留日数や,保釈の条件について,どう思いますか?
 私に言わせれば,これこそ『日本の検察組織のレベルの低さ』が映し出された姿です。慎重に操作するのは構いませんが,その間に被告が禁止されるのは海外渡航だけで,それ以外の自由は保証されるべきです。

《3/8追記》
 友人と,同じ変換ミスをしていましたね。私の記事においては,構わないのは捜査であって,操作されたら困りますが…
 しかし,いずれにしても「その間の人権は守られるべき」という本題は変わらないから,修正せずにしておきますか。
記事へトラックバック / コメント


10日ほど前の友人も,そうでした

2019/02/27 06:08
 江崎グリコが,子育て用アプリを紹介しましたが,それに『女性脳・男性脳』という内容が含まれていました。それについて批判が寄せられたので,その部分を取り下げました。
 これについては,批判者について納得できないところもできるところも,あると思います。

《批判者に納得できないところ》
 実際問題として,そのような傾向は多く観られます。この事実は,否定できないでしょう。
 あと,批判の内容が「女性蔑視」というのであれば…その批判者は,西野カナのトリセツのことも,批判したんですよね?(私は,その歌のことを悪く思っていませんけど。)

《批判者に納得できるところ》
 論理的な人であっても,たまには「ただ単にグチを聞いてほしい」という話をすることもあります。これは,女性でも男性でも,同じです。
記事へトラックバック / コメント


もしかしたら,友人が話していたかも

2019/02/24 11:48
 かつての2チャンネル(現在は5chでしたっけ)は,自由にスレッドを作成することができました。
 そのスレッドで,『タイトルの表現』や『議論させる内容』について指摘を受けても,運営者は何もしません。本当に「スレッドに問題がある」という場合でも,運営者は放置していました。
 運営者は,スレッドやコメントを理由に,訴えられることがありました。しかし,拠点が海外に在るとのことで,裁判を起こされても平然としています。
   ↑
 これは,ベストではないと思います。実際に,書かれた内容で被害を受ける人にとっては,泣き寝入りするしかありません。
 しかし,これと真逆の対応が良いのかと考えると,そうでもありません。
   ↓
 You Tubeは,登録すれば自由に動画を投稿することができます。
 その動画で,表現や内容について指摘を受けたら,運営者はその動画を消します。「むしろ動画より指摘の方がおかしい」というケースだろうが関係ありませんし,3回消されたら登録できなくなります。
 運営者は,動画やコメントを理由に『自分が訴えられる』ことが無いようにするために,行動しています。全ての責任を投稿者に押し付けるために,指摘者のことを優遇しています。



 AIに仕事を任せると…どの職場でも,この様になるのでしょうね。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

まず事実を受け止めてから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる