アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
まず事実を受け止めてから
ブログ紹介
 基本的には、世の中に対して『おかしいな』と感じた事を書いていく予定です。可能な限り辞書やインターネットなどで確認してから書くつもりですが、それでも『私の方が間違った事を述べてしまう』可能性は捨てきれないので、ここで得た知識を当ブログ外で使用する際には注意してください。何か問題が発生しても、私はその責任を負いません。
 上記のことから、決して『最新の知識』を紹介しているわけではないので、その点については誤解の無いようにお願いします。

 ちなみに私の出身は横浜市です。物心ついた時には兵庫県西宮市に住んでいましたが、兵庫県南部地震が発生する以前に、別の場所に引っ越しています。従いまして、私は阪神・淡路大震災を経験しておりません。
 このブログの初期の記事のタイトルから誤解を受けたという方がいらっしゃいましたら、深くお詫び申し上げます。特に震災体験者の方に対して、失礼いたしました。
zoom RSS

親切な意見?めんどくさいクレーム?…2019

2019/05/09 19:15
 東洋経済オンラインのこの記事って,私が書いたこの記事と比べて,どちらの方がレベル高いのでしょうか?
 「質問に答えてもらえない客」は,本来は『ホワイトゾーン』のはずですけど,企業側が勝手に『グレーゾーン』と判定しているのですよね。その判定方法を明らかにしないまま,偉そうなことを連々と書いたところで,共感してくれる人など居るのでしょうか?

 てか,さぁ…
 朝食にパンを食べた日に「朝ごはん食べた?」と聞かれたら,正解は「朝は,ご飯ではなくパンを食べた。」です。「朝は,ご飯を食べなかった。」というのが不正解であると同時に,「私は,パンを食べたことがあります。」というのも不正解なのです。
記事へトラックバック / コメント


発展途上なのは,クラブだけではなくリーグも同じ《バスケ》

2019/05/08 19:17
 B1横浜が,選手から「ホームページの情報が,事実と異なる。」という指摘を受け,誤りを認めて謝罪しました。ただ,これは『リーグによるルール制定の不備』が原因です。
 横浜の対応は『表面化へのトリガー』に過ぎず,リーグが対応しないと『根本的な解決』は訪れません。

@
 4/27に,横浜がB1残留プレーオフで敗退した。

A
 その時点では,入れ替え戦があるかどうか,不明だった。

B
 それ故,選手の自由契約リストを仮作成しながらも,契約交渉を続けた。

C
 4/29に,入れ替え戦が実施されないことが決定し,4/27の試合が最終戦となった。

D
 リーグの規定では,選手契約の有無を決定するのは最終戦の7日後までである。

E
 そのルールに縛られ,クラブとしてバタバタしてしまった。

F
 選手に対しては「契約更新しない」と決断した一方,ホームページにはBの情報を載せてしまった。
記事へトラックバック / コメント


セ・リーグの一塁塁審

2019/05/07 12:52
 先日に,広島東洋v.s.東京読売の一件が有名になりました。
 それについては,既に「走塁妨害のリクエストをしたのに,タッチが早いかどうかの確認しかしなかったことが問題だ。」とか「判定されなかった上で,さらに請求権が減らされるのは,許されない。」とかの意見がネットで見られるので,当ブログでは取り上げません。

 ただ…
 同様の件が,以前にあったような気がするのですが,特定できませんでした。
記事へトラックバック / コメント


負けてしまいましたが《2019年5月》

2019/05/06 17:45
 2節連続で,松本山雅FCの試合を観戦しました。

《敗因》
 ピッチを広く使おうとするあまり,局地戦で負け続けました。なおかつ,それを修正しませんでした。(すなわち,監督力です。)

《それ以外に劣っていた点》
 選手個人個人の,ボールキープ力。

《劣っていなかった点》
 選手個人個人の,それ以外の能力。
 それ故…逆に,サポーターの評価は分かれました。試合終了後には,拍手を送る人もブーイングを送る人も,居ましたよ。(前節では,皆が拍手を送っていました。)

《私のタオルマフラー》
 2019年の松本山雅FCの観戦結果は,現時点で下記のとおりです。
タオルマフラーを持参した: 0勝0分2敗
タオルマフラーを持参せず: 0勝1分0敗
記事へトラックバック / コメント


悪者かどうかは,感情論では判断できない…2019年5月

2019/05/05 16:20
 私は昨日,あずさに乗りました。4号車で座席指定していたので,4号車の乗車案内の場所で待っていました。そしたら,臨時特急だったらしく旧型車両で,その場所には3号車が停車しました。
 旧型車両であろうとも,4号車の乗車位置には4号車を止めるべきなんですけどね。さもなくば,せめて「4号車にご乗車の方は,5号車の乗車位置でお待ち下さい。」とアナウンスするべきですが,それすらありませんでしたよ。
 まぁ,私は3号車から乗ればイイので,特にオオゴトではなかったのですが…

 その3号車は,その列車の最後尾でした。それゆえ,3号車に乗ろうとして『3号車の乗車案内の場所』で待っていた人は,急いで移動するハメになっていました。
 その人は,移動しながら車掌に文句を言っていましたが,それを車掌はシカトしていました。



 『この顛末の全責任が,車掌にある。』というわけではありませんが,しかし『3号車の乗車位置を,列車が通り過ぎた。』ということは事実です。車掌には説明責任があるはずです。
 この車掌のような対応が,暴力事件を誘発するのでしょうね。
記事へトラックバック / コメント


発展途上なのは,クラブだけではなくリーグも同じ

2019/04/30 09:33
 その松本山雅FCは,ホームグロウンの規定を満たさないということになりました。それは,仕方ないのですが…
 それなら,その制度のことを正しくホームチームグロウンと呼んでほしいものです。ゆくゆくはホームタウングロウンにするつもりでも,現時点でなっていないのだから,キチンと「どのような制度で,どのような違反をしたのか。」を理解できないとダメでしょう。
記事へトラックバック / コメント


負けてしまいましたが《2019年4月補足》

2019/04/29 11:19
 引き続き,4年前との比較を記します。

《変わった点》
 山雅サポを狭い区画に閉じ込めるのではなく,普通にスペースを割り振っていました。

《良くなった点》
 コーナーキックのラインオーバーを,キチンと採っていました。それ故,ゴールの判定に文句はありません。
 ちなみに,4年前の同対戦では『ヘディングシュートした選手のオフサイドを採らず,そのままゴールを認めた。』という状態でしたよ。

《良くなっていなかった点》
 イエローカードの出し方は,ムチャクチャでした。まぁ「偏っている」とは言い切れないものの,この判定には文句があります。
 ちなみに,4年前のJ1リーグは,FC東京v.s.柏では『試合後に,武藤の海外移籍が発表されるから,武藤は3回注意を受けてもイエローカードにならない。』という状態でしたよ。



《下世話な話》
 久保選手は,今のままで良いのかな?テクニックがあるので,攻撃は素晴らしかったけど…体が出来ていないせいで,守備はダメでしたよ。
 今のうちに『テクニックは現状維持で,体を作る。』という方向で成長させれば,スペインで通用するようになるかもしれません。しかし,私には「FC東京は,久保選手の長所を伸ばして,短所には目をつぶる。」と映りました。
 このまま『体は成長に合わせて作り,テクニックを磨く。』という方向性で行くと,中村俊輔レベルで止まってしまうでしょう。スコットランドでは通用しても,スペインでは通用しません。

《私のタオルマフラー》
 2019年の松本山雅FCの観戦結果は,現時点で下記のとおりです。
タオルマフラーを持参した: 0勝0分1敗
タオルマフラーを持参せず: 0勝1分0敗
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

まず事実を受け止めてから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる